• イメージ画像
  • イメージ画像
  • イメージ画像
  • イメージ画像
  • イメージ画像
いらっしゃいませじゃなくお帰りなさいの宿

江戸時代の山陽道(西国街道)は、幕府が直轄する街道でした。
矢掛宿はその街道の十八番目の宿場町として、大名の参勤交代制度とともに栄えました。
そして、現在の矢掛町は、当時の街並みの特徴が今でも健全な姿で残されている国内でも有数の町です。

この歴史ある財産の継承と矢掛町の文化産業として、
古民家を「矢掛屋本館」「矢掛屋温浴別館」として再生することができました。
里山ならではのゆったりとした時間や、地元の食材を活かした四季折々のお料理、
そして矢掛町の文化に触れて頂くなど、
格別なおもてなしで皆様のお越しをお待ちしております。

 

  • 泊まる
  • 味わう
  • 癒される

館内マップフロント・ロビー BAR 胡 宴会場 広重 大名通り紫陽花 南天 紅葉 山桜 黒竹 銀杏 THE KURA 花鳥風月 タベルナ44 湯の華温泉 別館客室 別館客室 宴処 備中屋五右衛門 矢掛町家交流館

趣ある館内を探索する

宿場町・矢掛ぶらりマップ

矢掛屋のお得情報

法要のご案内



 

季節のお勧めプラン

 

loading...
〒714-1201 岡山県小田郡矢掛町矢掛3050-1
ページ上部へ